四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

中秋の名月2016はいつから?意味や由来に楽しみ方を全まとめ

   


PPW_cyuusyuunotuki_TP_V

四季を楽しむイベントの1つ、「中秋(ちゅうしゅう)の名月」

名前は聞いたことあるけど、実はどんな意味があるのかよく分からない!と言う方は意外に多いのではないでしょうか?

っというよりも意味の前に!日程や何をすればいいのか?もよくわからないという方が大半ではないかと思います(笑

ですがそんな四季のイベントの1つ、中秋の名月が2016年もももう間もなくやって参ります。

そこでここでは中秋の名月を楽しむために!

2016年の中秋の名月はいつからいつまでをいうのか?意味や由来、飾り物や楽しみ方までまとめてみることにしました。

中秋の名月について、一緒に疑問を解決していきましょう!

中秋の名月はいつからいつまで?2016

alarm-clock-1193291_960_720

中秋の名月ときくと秋の半ばのみのイメージがありますが、いつからいつまでなのか?調べてみたところ、2016年の9月15日(木)のみになります。

流星群などのイベントと違い、いつからいつまでといった期間はなく、日程は1日のみ。

まるで花火大会のと同じように年に1度しかないのでしっかりと日程を覚えておきましょう。

※中秋の名月は陰暦で数えられる為、毎年日程が変動します。

 

意味や由来を簡単に

books-1215672_960_720

  • 中秋の名月って一体どういう意味なのか?
  • なぜそのような呼び名がついたのか?

ここでは中秋の名月について意味や由来を簡単にご紹介しますと

  • 意味は旧暦でいう秋の真ん中の日
  • 由来は秋のみのりに感謝を込めた収穫祭

になります。

中秋の名月の意味や由来を簡単にまとめても「?」だと思いますので(笑

もしお子さんや知人友人に聞かれても沈黙せず、すぐに答えられるように今のうち意味や由来の経緯を覚えておきましょう。

 

中秋の名月の意味とは?

太陽暦(旧暦)では月の満ち欠けによって暦が作られ、7~9月を「秋」としていました。

その真ん中の旧暦8月15日は、まさに「秋の真ん中」で「中秋」という意味になります。

 

中秋の名月の由来

この中秋にみえる満月は、1年の中で最も空が澄みわたり、月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催されました。

そして、江戸時代からは、秋のみのりに感謝を込めた収穫祭として広く親しまれるようになったそうです。

それが今も風習として残り、「中秋の名月を見て楽しむ」というイベントとなっているようです。

意味や由来をみると昔のことなのでちょっとややこしいですが、ひっくるめと「秋の実りに感謝」ですね。

秋は収穫が多い年!自然の恵みにありがたやありがたやです。

飾り物や楽しみ方

IMG_6254

秋に感謝を捧げるイベント中秋の名月ですが、この日を楽しむにはどうすれば良いのか?

1年に1度しかない、中秋の名月を楽しむための飾り物や楽しみ方をご紹介します。

まずは下準備.飾り物は月見台を演出

月を眺める事を「観月」と言って、平安時代の貴族の間では、とっても雅(みやび)なこととされ、大切にされていました。

その昔月を見る為の建物も数々作られていて「月見台」と呼ばれています。

要するに、お月見をする場所のことなのですが、昔はとても凝った場所になっていて、相当みやびな場所だったようですよ。

そんな場所、我が家にはないような・・・と思いますが大丈夫です!

現代では、月を眺められる場所があれば、それが我が家の月見台になります。

そこにお供えものを飾って、お月見を楽しみましょう。

もしベランダやお庭など、お外に出られる場所があれば、ぜひテーブルと椅子を置いて、「プチみやびな月見台」を。

お外が無理なら、月が見える窓のそばにテーブルや机を用意して、テーブルクロスなどで雰囲気よく仕上げていきましょう。

 

飾り物、お供え物を飾る

月見台が準備できたら、お供えものを飾りましょう♪

お供えものは、どんなものがおすすめかと言うと…

・月見だんご
・里芋
・さつまいも
・きぬかつぎ
・旬の野菜
・果物
・ススキ

等です。

 

全てそろえる必要はありませんが、秋の味覚をメインに秋らしい雰囲気を出していきましょう。

 

 

 

 

楽しみ方は宴を始める

月見台(月を眺める場所)ができて、お供え物も飾ったら、月見の宴で月見酒はいかがですか?

天気が良ければ、月の光がとっても明るいので、できるだけ部屋の照明を消してみて下さい。

和風のろうそくやキャンドルを灯すと、さらにお月見ムード満点です。

余談ですが…せっかく平安時代から続く風習ですので、平安時代に読まれた、月に関する和歌をご紹介しておきます。

こんな切ない恋心の和歌のことも、ぜひ話題にしてみてくださいね。

夕闇は 道たづたづし 月待ちて ませ我が背子 その間にも見む

 

【意味】

夕闇は道が暗くてたどたどしいわよ。

月が出るのを待ってからお行きなさい、あなた。

お帰りになるその間は、月の光で後ろ姿を見送りましょう。

月にかこつけて恋人の男を引き止める歌と言われています。くぅ~!ロマンチックです。

 

まとめ

 

2016年の中秋の名月についてまとめてみましたがいかがでしたか。

中秋の名月、名前が名前名だけに今まではちょっと地味なイベントのようなイメージがありますがみてみると調べてみると意外に楽しめる要素がたっぷりあります。

平安時代の恋多き貴族に思いをはせ、ロマンチックな月夜を満喫してみてくださいね!

スポンサーリンク





 - 秋のイベントやスポットなど