四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

父の日に贈る花は何がおすすめ?花言葉や種類をまとめてみた

      2016/04/06


DSC_0018web-600x401

母の日に花を贈ることが定番ですが最近では父の日に花を贈ることも徐々に定番化してきています。

贈る花について考えると母の日といえばカーネーションですが、父の日に花は?ときくと答えが出ないって方は多いのではないでしょうか?

父の日に花を贈ることは良いとわかっても花選びは正直むずかしいところ。

花によっては花言葉により意味が変わってきますからね。

父には父に合った花を選びたいところです。

ここではこれからくる父の日に花を考えてる方の為に。

父の日に贈る花についておすすめの花の種類や花言葉の意味などをわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク




父の日に贈る花について

yellow-rose-196393_960_720

まずは父の日におすすめの花の種類や花言葉の前に!

父の日に贈ることが多い、花をチェックしてみましょう。

最近の父の日に人気の花をみてみると、父の日には

  • 黄色いバラの花を一輪プレゼント
  • 黄色いバラの花束

を贈ることが多くなっています。

生花店などでもこの時期には黄色いバラの花で溢れかえり、父の日のプレゼントとして人気を集めているのですがどうして黄色なのでしょうか?

早速、この件について調査すると理由はイギリスに言い伝えがあり、黄色には身を守る力がある言われてることがそもそもの始まりにあるようです。

つまり、父の日に黄色いバラが選ばれるようになったのは父親を守る意味が込められているってことですね。

日ごろから頑張っている父を守る、黄色いバラ。

父の日の花選びに迷ったときは、黄色いバラを基準にし、プレゼントの仕方を考えていくようにしましょう。

 

バラの花の色による花言葉とは?

父の日の花は黄色いバラが主流の日本ですが、その他のバラの色を贈ってはいけないわけではありません。

あくまで日本の意味合いが黄色なだけですから、もし父の日にバラの花を贈る場合は下記の花言葉を参考にバラの花を選んでみてくださいね。

あなたの父のイメージにあった花を選ぶほうが個性的でしっくりくると思いますので。

バラの花言葉は

「情熱」「愛情」「美」「愛情」
「相思相愛」「尊敬」「約束」「純朴」「清純」
 オレンジ 「絆」「すこやか」「信頼」
「気品」「尊敬」「誇り」

 

などの意味があります。

花言葉の意味にあわせて選んだバラは、贈る時にその意味を伝えるとさらに効果抜群です。

ただバラの花を贈るのではなく、意味も一緒に伝える。

こうすることで親子の絆はグッと深まるのではないかと思います。

※アメリカでは一般的に

  • 赤のバラ(父が生きてる場合)
  • 白のバラ(父が亡くなってる場合)

に贈ります。

この点については花の色と花言葉の意味合いが変わってくるので注意しながら選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク




父の日におすすめの花の種類

ELFA86_himawarisansan_TP_V

父の日に花を贈るとなると黄色いバラが主流ですが。

その他にどのような種類のバラがおすすめなのか?と言いますと最近では

  • ひまわり
  • ラン
  • ゆり

等がありますがその中でも特に「ひまわり」が人気を集めています。

まっすぐと伸び、大輪の花を咲かせるひまわり。

花言葉には

「あなたを見つめる」「愛慕」「希望」「向上心」

 

といった意味があるのでこれからも元気で頑張っての意味を考えると現役の父には父の日にひまわりのプレゼントは良いといえるでしょう。

ただ父の職業柄でお金を扱う方には、「偽りの富」といった意味もあるのでこの場合ひまわりを贈るのは注意するよう必要があります。

それに花の種類はひまわり以外にもゆりやランなどがありますのでちょっと変わった花を贈りたい方はそちらを選んでみるとよいでしょう。

 

おすすめの種類その1.贈答用の花には胡蝶蘭

父の日の花は黄色いバラではなく、思い切って胡蝶蘭などの欄の花をプレゼントしてみるのもよいでしょう。

父の日というよりも家の中に胡蝶蘭の花があるだけで、華やかになりますからね。

父の日に密かに人気の胡蝶蘭。

花言葉は

  • 黄色「幸福が飛んでくる」
  • 白「純粋な愛」

です。

 

おすすめの種類その2.観葉植物ミニ観葉

また、父の日に花ではなく「健康」「幸福」などの意味を考えるならガジュマロやミニ観葉など種類もおすすめです。

こういった観葉植物は1年を通して成長を楽しむことができるだけでなく、父の日の思い出としていつまでも心に残ることでしょう。

また育て方も比較的簡単なので、密かに人気を集めている父の日プレゼントでもあります。

少しでも長く楽しんでもらうためにも盆栽好きな方にはとてもおすすめなギフトになるのではないでしょうか。

また、観葉植物以外にも変ったところでは

  • ブドウ
  • ブルーベリー

などの果樹を栽培できる種類のものもおすすめです。

父の日に花を贈る以外にもこういった「元気でいてほしい」の意味を込めた観葉植物や果樹などもありますので。

父の状況に合わせて父に最適のプレゼントを選んでいきましょう。

 

まとめ

 

最近では父の日には黄色いバラを贈ることが定番となりましたが、調べてみると花言葉も様々。

またそれ以外にも人気の種類の花や植物がありますので、まずは父に合わせたプレゼントを第1に考えていきましょう。

贈る場合はリボンなどちょっとした装飾をして、気持ちをこめて贈るような方法を考えてみてくださいね。

贈るモノ+演出!ちょっとしたサプライズを心がけるようにしましょう。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 父の日