四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】びわ湖花火大会の日程はいつ?おすすめの穴場5選

   


biwako (1)

1984年から始まり、今年で33回目を迎えるびわ湖花火大会。

毎年約1万発の花火が上がり、30万人以上の人が押し寄せ毎年賑わいを見せる花火大会です。

日本一大きい湖で打ち上がる花火は壮大で、揺れる水面に映る花火は美しいこと街が梨です。

2016年は一体どのような幻想的で美しい花火が打ちあがるのか気になるところ。

そこでここでは2016年のびわ湖花火大会の日程や駐車場から穴場スポットまでまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




びわ湖花火大会の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

まず忘れてはならないびわ湖花火大会の日程についてですが2016年は8月8日(月)になります。

月曜日に花火大会なので人によりスケジュール調整が難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも平日に30万以上の人出です。

毎年のように混雑渋滞が予想されますので、避けたい場合は早めに足を運ぶようにしましょう。

ちなみに開催時期は年により変わります。

基本的には8月6、7、8日のいずれかに開催されますのでびわ湖花火大会=6~8日で覚えておきましょう。

びわ湖花火大会では他の花火大会と違った「水中スターマイン」と呼ばれ、湖面に扇形を描くように打ちあげられますので、水の中から飛び出すように見えます。

とてもきれいですので、カップルの方にはおすすめです。

初めていかれる方は是非、水中スターマインを楽しんでみて観てくださいね。

詳しい問い合わせ先はコチラです。

日程  平成28年8月8日(月)
※雨天時は8月12日(金) 同時刻に延期
開催場所  大津市浜大津 県営大津港沖水面一帯
打ち上げ時間  19時~20時30分まで
打ち上げ数 約1万発(水中スターマイン、4~10号玉)
毎年プログラムは異なります。
有料観覧席 (約1万6千席)は7月1日から販売
問い合わせ先  077-511-1530

 

アクセスや駐車場について

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

びわ湖花火大会に遠方から足を運ぶとなると気になるのがアクセスや駐車場について。

会場周辺は混雑、渋滞にする可能性が高いのでは今のうちにチェックしておきましょう。

 

アクセスについて

京阪電車京津線

浜大津(徒歩5分)⇔御陵の間で約70本増の臨時列車が運行されます。

大会終了後はかなりの混雑が発生します。

その対策として、切符売り場の設置、分散乗車の誘導が行われますので、電車を利用される方は駅員の指示に従いましょう。

JR琵琶湖線

約40本の普通列車の臨時列車が運行されます。

その他、膳所駅(徒歩15分)に快速が臨時停車をします。

歩行者専用道路について

17時~22時まで
大津プリンスホテル周辺からびわ湖競艇場付近までの湖岸周辺道路
浜大津駅前交差点からNTT前を経由し浜町交差点
中央大通り 島ノ関西交差点-大津駅前交差点

20時~23時まで
国道161号 大津港口交差点-浜大津駅前交差点

橋上立ち見禁止
県道559号近江八幡大津線 帰帆北橋・帰帆南橋

高速道路
大津IC 会場の最寄りのICなのでかなりの混雑が予想されます。

 

車で来られる方は早めに来て駐車場と場所を確保しておきましょう。

仕事終わりで来る方や遅くにしか来られない方は電車を利用することをおすすめします。

 

おすすめの駐車場はどこ?

parking-705873_960_720

大津駅、浜大津駅周辺にはいくつか市営駐車場があります。

もっとも近いのは、浜大津駅の北側にある大津港駐車場があります。

会場まで徒歩1分という好条件の地下駐車場で最大800円です。

そのため、始まる5時間前には満車になるので利用される方は早めに出発し駐車スペースをゲットしておきましょう。

昼から行ける人は早めに駐車しておいて、無料レンタルサイクルがありますので、それで観光して開始時間まで過ごしておいてもよさそうですね^^

ただ、出庫時にはかなりの渋滞が起きますので、その覚悟は今のうちにしておきましょう。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット5選

biwako (2)

びわ湖花火大会を綺麗に見たい方におすすめの穴場スポットをご紹介します。

穴場スポットは場所により、会場から離れたところにありますが花火はバッチリ綺麗にみえます。

状況にあわせて上手く活用してみてくださいね。

穴場その1.比叡山ドライブウェイ

場所:滋賀県大津市山上町776-30

比叡山ドライブウェイは展望台からは大津、琵琶湖の景色が一望でき、花火を見下ろすように鑑賞出来る穴場スポットです。

有料道路ですが、夢見が丘駐車場は130台以上の駐車スペースがあり交通の便もよいのでおすすめです。

 

穴場その2.矢橋帰帆島

場所:滋賀県草津市矢橋町帰帆2108

メイン会場から琵琶湖をはさんだ対岸にある矢橋帰帆島。

車で来る方には特におすすめの穴場スポットです。

比較的近くで見ることが出来ますので、迫力の花火が楽しめるでしょう。

 

穴場その3.名神高速道路大津SA

場所: 滋賀県大津市朝日が丘2-8-1

ここはもちろんですが車でしか行けません。

ここは口コミやSNSで知る人が増えてきて、穴場と言えなくなってきているようですが、メイン会場ほどの混雑は発生しません。

ちなみに最近は有料席が設置されているようです。

 

穴場その4.アル・プラザ瀬田店

場所: 滋賀県大津市月輪1丁目3-8

少し会場から離れていますが、普通に鑑賞できる穴場スポットです。

開催日には屋上駐車場を解放してくれるとのことでとてもありがたいですね^^

ちょっとした露店が出るようなので、お子さんが一緒でも楽しめるスポットとなっています。

 

穴場その5.琵琶湖ホテル

場所:滋賀県大津市浜町2-40

会場近くのホテルで花火-大会用の日帰りプランがありますので、少し贅沢な花火観賞を楽しみたい人にはおすすめの穴場スポットです。

 

まとめ

 

2016年のびわ湖花火大会の日程や駐車場に穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

びわ湖花火大会は30万人以上の人出が見込まれる人気の花火大会です。

しっかり計画を立てて当日は楽しい1日を過ごしてくださいね^^

※関連記事はコチラです。

びわ湖花火大会におすすめのホテルや宿泊施設5選

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集