四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】天の川がめっちゃ綺麗な時期や方角をまとめてみた

      2016/07/08


milky-way-1023340_960_720

七夕のロマンチックなイベント言えば、天の川ですよね。

キラキラと光る星空を見ながら恋人や大切な人と過ごす。

まさにロマンチックなそのものですが、できれば過ごす時は透き通るような綺麗な星空をみたいもの。

電気ばかりが多い都会では残念ながらその綺麗さが伝わりにくいですからね。

できれば特別な日やこういったイベントごとには綺麗な天の川が見たいものです。

そこでここではこれからくる2016年に向けて!天の川がとても綺麗な時期や方角を徹底的にまとめてみました。

2016年の天の川、素敵な星空の中のもと最高の1日を過ごしてみてくださいね。

スポンサーリンク




天の川の時期はいつ?2016

calendar-660670_960_720

天の川というと七夕の時期に見るものだというイメージがありますが、実は天の川は1年中見ることが出来ることを皆さんはご存知でしょうか?

えっ?一年中?って意味ないじゃん!

 

って感じの方が多いと思いますが事実です。

時期関係なく1年中にみれるとなると、なんだか特別感がないような気がしますが・・・

じゃあ、なぜ七夕の時期に天の川というイメージが付いたか?

というと、それは1年の間で天の川が見やすい時期が「梅雨明け~初秋」だからになります。

1年中に見れるといっても見れる時期が決まっている天の川。

七夕の日が曇り空で見えなかったとしても、まだまだ綺麗に見える時期は長いので、曇りが晴れた日は日程をあわせて天の川を観に足を運んでみてくださいね。

 

見ごろは7月~8月がおすすめ

1年の時期の中で七夕が見やすい時期は「梅雨明け~初秋」ですが、その中でも特に綺麗にみえるのが7月~8月です。

この頃の天の川はまさに満点の星空。

人口の光がない高いところへ上って、自然の星空が生み出す壮大なファンタジーを体感することをおすすめします。

※追記

2016年の天の川が特に綺麗な日程は2016年8月9日<です。

天候がよかったらの話ですが、この日は特に見頃になるので覚えておきましょう。

 

天の川が綺麗な見やすい時間帯は?

天の川の夜、見れるもの!は間違いありませんが、時間帯がずれると見える角度も変わってきます。

恋人と見に足を運んだけど

  • 何だか微妙な星空だった
  • 天の川がわからなかった

なんてことは避けたいところ。

そんなことにならないようにも天の川が綺麗に見える時間帯を押えておきましょう。

天の川が綺麗に見える、見やすい時間帯は19時~22時の間です。

この点を逃すとロマンチックのムードが少しずつ薄れていくので当日は時間帯を押さえた上で足を運ぶように心がけましょう。

スポンサーリンク




天の川の方角はどこ?

milky-way-923738_960_720

天の川の方角は時期によって場所が変わります。

  • 7月は東の空の高い位置に
  • 8月はほぼ頭上

の方角にあることを覚えておきましょう。

 

天の川の見つけ方について

天の川の方角がわかっても、実際に天の川を見ようとして空を見上げたけど、どこを見たらいいか正直、分かりませんよね。

何となくあのあたりかな?という感じで見たことがある方は意外と多いはず。

当日はなんとなくではなく、話を盛り上げる為にも天の川が見やすい方角を覚えておきましょう。

天の川を見つけるときに、まず探して欲しいのが夏の大三角形です。

これは小学校の理科で習ったという記憶があるのではないでしょうか?

その夏の大三角形からからさそり座にかけて見えているのが天の川だということを覚えておきましょう。

 

天の川が見やすい場所は?

milky-way-1031138_960_720

天の川の時期、時間、方角を徹底的に紹介してきましたが天の川が見やすい時間帯を見てみると、まだ人の活動時間内です。

人工的な光が多いと綺麗に星空を見ることが出来ませんし・・・

2016年、これから綺麗に見える時期が近づくのに天の川が全然綺麗じゃなかったらムードにかけますよね。

できればロマンチックなムードの中、満点の星空を見たい!そんな方は標高が少し高い郊外や田舎に行くことをおすすめです。

七夕の季節は天の川スポットも多数ありますが、どの場所も基本的に

  • 人口の光がない
  • 標高が高い

ところが基準になっています。

ですのでもし、近場ですぐにでも天の川を楽しみたい!ッて方は光が少ない標高が高い場所に行くようにしましょう。

また行く時は双眼鏡を持っていくことをおすすめします。

肉眼で見るのとまた違った楽しみ方ができるので会話がまた盛り上がることでしょう。

ロマンチックな満点な星空の下、素敵な1日を過ごしてくださいね。

ちなみに天の川を見に行く時は月の光が強い、満月の日は避けるようにしてください。

満月が綺麗!はいいのですが光が強すぎて天の川が見えにくい恐れがありますので気をつけてくださいね。

 

まとめ

 

普段の何気ない生活の中で星空を見るだけの時間を確保するなんて機会はそんなにないと思います。

そんな普段みない星空を楽しむことができる天の川、この時は何もかも忘れて綺麗な星空を見上げましょう。

友達や恋人と家族と素敵な星空の下、最高のひと時を。

※関連記事はこちらです。

夏の大三角形の見ごろ時期はいつ?方角や簡単な見つけ方をまとめ

※こちらの記事もおすすめです。

スポンサーリンク





 - 夏のイベントやスポットなど