四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】足立の花火の日程とおすすめの穴場スポット6選

      2016/06/17


fireworks-535198_960_720

今年で38回目の開催となる足立の花火大会。

始まりは約100年前という歴史のあり、毎年約60万人もの人出があり、例年12,000発の花火で魅了しています。

2016年ももう間もなく足立の花火大会がやってきますが今年はいつ開催するのでしょうか。

人気の花火ランキングで常に上位なだけに気になるところ。

そこでここでは足立の花火の日程などの基本情報から穴場スポットまでご紹介していきます。

スポンサーリンク




足立の花火の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

今年ももう間もなくやってくる足立の花火、2016年の日程は7月23日(土)となっています。

7月の終わり、しかも土曜日と言うこともあるので今年も多くの来場者が予想されるのでできるだけ早めに足を運ぶことをおすすめします。

足立の花火では普通の花火大会と違い、

・1時間という時間で打上げ花火
・スターマイン
・仕掛け花火(ナイアガラ)

 

など約13,500発を打ち上げる濃厚なプログラムが見どころです。

またその他に音楽と花火のコラボレーションもあり、特にクライマックスに打ち上がるナイアガラはこの花火大会の名物と呼ばれるほど有名になっています。

1年に1回だけの大イベント足立の花火、見どころをおさえて今年も待望の花火を楽しんでいきましょう^^

日程  2016年7月23日(土) 荒天の場合は中止です。
開催場所  荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
※駐車場はありません
打ち上げ時間  午後7時30分~
打上げ数  約13,500発

 

アクセスや混雑、渋滞について

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

足立の花火に行くとなると気にあるのがアクセスや混雑や渋滞について。

毎年多くの観光客が押し寄せる花火大会ですからね。

当日混雑、渋滞に阻まれないように今のうちにアクセスや混雑、渋滞状況をチェックしておきましょう。

 

アクセスについて

【荒川南岸(打上げ側)】

・JR常盤線、東武スカイツリーライン、東京メトロ千代田線、日比谷線、つくばエクスプレス北千住→徒歩約15分

 

【荒川北岸(西新井側)】

東武スカイツリーライン小菅駅、五反野駅、梅島駅→徒歩約15分
都営日暮里・舎人ライナー扇大橋→徒歩約25分

 

混雑や渋滞状況について

打上げ側の千住側はかなりの混雑、渋滞が予想されます。

大半が立ち入り禁止区域に指定されるので観る場所も制限されるため密度が高くなってしまうので注意していください。

西新井側の方は断然ゆっくり出来ますしスカイツリーと花火のコラボも観れてしまうんです!

時間に余裕がある方はこちらで鑑賞した方が得といえるでしょう。

毎年60万人近い観光客が押し寄せる人気の花火大会です。

当日はできるだけ早めに足を運ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット6選

TSU863_imagachance_TP_V

足立花火大会を綺麗に見たい!方の為におすすめの穴場スポットをまとめてみました。

場所によって静かに見れるところもあればド迫力満載で見れる場所もありますので状況に応じて上手く使い分けてみてくださいね。

 

穴場その1.扇橋大橋・西新井駅付近の河川敷

打上げ会場と比べると比較的人が少なく、ゆっくりと過ごせる穴場スポットです。

小さなお子さんがいても安心ですし、カップルで2人の空間で過ごしたいという人にもおすすめです。

ただ知っている人は知っている穴場スポットで毎年ガラガラというわけでもないので開始1時間前には到着し場所取りを行っていきましょう。

 

穴場その2.西新井橋近くの河川敷

駅から離れているので来る人が少なく穴場と呼べるスポットでしょう。

打上げ会場からそこまで離れていないので迫力のある花火を楽しむことができますよ^^

ちなみに最寄駅は徒歩25分の梅島駅になります。。

時間と体力に余裕がある人にはおすすめですので道中はおしゃべりしながら行くのも楽しで足を運びましょう。

 

穴場その3.虹の広場

打上げ会場からそこそこ離れるため人は少ないですが、それでも十分花火を楽しむことは出来ます。

 

穴場その4.善立寺

あまり知られていない穴場スポット、善立寺。

お寺の静かな雰囲気に包まれて観る花火になるので静かな中花火を楽しむことがdけいます。

カップルに特におすすめの穴場ポットといえるでしょう。

 

穴場その5.有料席

穴場とは言いがたいですが最高のロケーションをお望みの方におすすめの有料関。

千住側の斜面に320席設置される予定で、1席(90cm×90cm)4,000円でチケットが販売されています。

今年はリッチで贅沢な花火を見たい方におすすめです。

 

穴場その6.屋形船

川の上でゆっくり花火を楽し見たい方におすすめの屋形船。

こちらも有料になりますが少人数で貸し切って自分達のスタイルで過ごしてみたいものです。

 

まとめ

 

2016年の足立の花火の日程とおすすめの穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

足立の花火は毎回沢山の人出で混み合う人気の花火大会ですからね、早めに花火大会の計画を行うことをおすすめします。

それでは当日の花火をお腹一杯、楽しんできてくださいね^^

▼東京でおすすめのお祭り、花火大会▼

●7月開催

入谷朝顔市

昭和公園花火大会

葛飾花火大会

●8月開催

江戸川花火大会

現在調査中・・・

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集